2016.06.27

HIKONE premium symposium

「“観光”産業による地域活性化」シンポジウムのお知らせ

道後温泉絵葉書「伊豫道後温泉神の湯」道後温泉管理事務所蔵

「観光」でまちおこしをするという発想がまったくなかった時代、「人を呼んで潤うべし」と、ひなびた湯治場を一大観光スポットへと変身させたのが、伊佐庭如矢(いさにわ・ゆきや)だ。「日本初の成功モデル」といわれている。伊佐庭は、廃城となる寸前だった松山城を救った人物としても知られ、道後温泉の改築に着手したのは、61歳のときだった。 伊佐庭如矢研究の第一人者である、愛媛大学胡教授の講演とパネルディスカッション。 滋賀県、湖東・湖北地域、彦根市地域における、観光による地域活性化策を探ると共に、観光産業で起業を目指す可能性を学ぶ。

HIKONE premium symposium「“観光”産業による地域活性化」

2016年7月28日(木)受付 13:30~
会場 彦根商工会議所4階大ホール
受講無料・定員100名

【第1部】基調講演
「“観光”産業による地域活性化」14:00~15:00

講師:愛媛大学法文学部教授 胡 光氏

【第2部】パネルディスカッション
「今、近江の観光に必要なものとは」15:15~16:30

パネリスト
愛媛大学法文学部教授 胡 光氏
滋賀県観光交流局局長 西川 忠雄氏
滋賀県立大学副理事長 堺井 拡氏
彦根市副市長     山根 裕子氏
コーディネーター
彦根商工会議所会頭   小出 英樹

主催:彦根商工会議所
共催:(一社)近江ツーリズムボード・滋賀中央信用金庫
協力:(公社)彦根観光協会
後援:滋賀県・(公社)びわこビジターズビューロー・彦根市・国立大学法人滋賀大学・公立大学法人滋賀県立大学・聖泉大学