2019.09.20

令和元年度 近江「美食都市」推進プロジェクト

「美食料理セミナー in 東京」開催

「食」を地域全体の経済活性化の切り札とするため、平成28年度から「近江『美食都市』推進プロジェクト」を立ち上げ、料理セミナーを年3回ずつ開催してまいりました。今年度は、過去のセミナーにご登壇いただいた料理人の方々が経営する東京の店舗に伺い、料理技術とサービスを直接学ぶ、美食料理セミナー in 東京を開催致します。
今回は初の試みで、お客様への接客や、料理とお酒の最適な組み合わせを知るペアリングも学べますので、ぜひともご参加ください。

美食料理セミナー in 東京

日時
令和元年10月2日(水)・3日(木)【1泊2日】
内容(予定)
10月2日(水)
ランチ:  【イタリアン】リストランテ・ダ・フィオーレ(眞中秀幸氏) @表参道
ディナー: 【フレンチ】シンシア(石井真介氏) @北参道

10月3日(木)
ランチ:  【寿司】酢飯屋(岡田大介氏) @江戸川橋

※詳細は下記申込用紙をご参照ください。

講師プロフィール

眞中秀幸氏
1967年茨城県潮来市生まれ。数店舗のシェフを経て36才で“RISTORANTE DA FIORE”をオープン、現在表参道に2店鋪のイタリアンレストランを運営するオーナーシェフ。徹底した素材主義と日本特有の季節素材や和器など、日本の美意識を取り入れた独自の料理観を表現。野菜の扱いを得意とし現在農業に携わる数々のプロジェクトに参加。イタリアワイン生産者との交流も深く、日本の四季を彩る独自の料理はまさに“日本でのイタリア料理”を構築する1人で、イタリア本国からも一年を通して多数の生産者が訪れている。

石井真介氏
1976年東京都生まれ。調理師学校卒業後、四ツ谷「オテル・ド・ミクニ」で3年、南青山「ラ・ブランシュ」で1年修業し、23歳で入店したフランス料理店で突如シェフを任される。3年務めた後、渡仏し、アキテーヌ地方「ロジエ・ド・ローベルガード」、アルザス地方「ル・クロコディール」等各地方の星付きレストランを経験し2004年帰国。汐留「フィッシュバンク東京」でスーシェフを2年務めた後、2008年よりレストランバカール開店と同時にシェフに就任。2016年より原宿北参道に「Sincère」を開店。2019年版のミシュランガイドにて一つ星を獲得している。

岡田大介氏
寿司職人歴約20年。完全紹介・予約制の寿司屋「酢飯屋」を経営。都道府県や市町村などをテーマにした『酢飯屋バーベキュー』は2012年で60回を超え、日本各地の地域PR活動も支援している。また、日本各地の郷土寿司を習い、継承することをライフワークとして書籍にまとめている。基本理念は「やりたいことは、やってみる」。

応募について

対象者
滋賀を美食で盛り上げたい熱意・志のある料理人・飲食関係者
参加費
70,000円(税込、交通費・宿泊費・食事代含む)
定員
6名 ※先着順。定員以上のお申し込みがあった場合、訪問店舗の変更予定あり。
お申し込み
下記の申し込み用紙に必要事項をご記入のうえFAXまたはE-mailにてお送りください。
お申し込み多数の場合は、訪問店舗を変更することがございますのでご了承ください。

美食料理セミナー in 東京 受講申込書

お申し込み・お問い合わせ先

近江ツーリズムボード

TEL&FAX: 0749-22-5580
メールフォームでのお問い合わせ