2019.05.30

令和元年度運営方針決定!

㈱千成亭風土 上田健一郎氏が会長就任

上田健一郎 会長

(一社)近江ツーリズムボードでは、4月16日に小出秀樹会長ら11名出席のもと理事会を開催しました。協議事項として、

  1. 平成30年度事業及び収支決算
  2. 役員交代・理事補充選任
  3. 平成31年度事業計画(案)及び予算書(案)
  4. 定時総会の招集について

それぞれ原案通り承認されました。 2の役員交代・理事補充選任では、小出秀樹氏(株式会社キントー 代表取締役会長)が会長を退任し、上田健一郎氏(株式会社千成亭風土 代表取締役)が新たに会長に就任することとなり、上川悟史氏(株式会社一休庵 代表取締役)、橋本健一氏(株式会社橋本建設 代表取締役)、山口太二朗氏(山甚建設株式会社 代表取締役)が理事として承認されました。

スローガン

知恵と行動で近江の魅力を磨き上げ、元気発信!

所信

今、求められているのは、底堅い地域経済の根っこをしっかりと育てていくことだと考えます。その重要な要素のひとつとして、裾野が広い「観光」はわれわれの地域に大きな直接的効果をもたらせる産業です。 当法人は平成28年(2016年)に観光庁から日本版DMOとして登録されました。目的にありますように、圏域の歴史や伝統文化に裏打ちされた戦略的ストーリーを効果的に発信し、世界から選ばれる魅力ある観光地域づくりを推進するとともに、経済団体等の主体的な連携と日本政府観光局事業の効果的活用により、国内および訪日外国人旅行者の誘客に取組み、圏域経済の発展に資する団体です。
この目的に向かって、「知恵と行動で近江の魅力を磨き上げ、近江の元気を内外ともに発信する」気概をもって活動を展開していきます。

運営方針

近江の魅力を磨き上げるために、1「自然感、自然回帰」 2「文化性」 3「伝統」 4「ワクワク感、人情」この4つを大切なキーワードとし、次の3つを軸にして運営していきます。

地域の魅力づくり

近江の魅力を発掘・共有するとともに、その魅力を維持・向上していきます。

誘客・集客の促進

圏域の特性を生かした滞在コンテンツや特産品をベースにした魅力ある滞在プログラムを造成し、地域外への宣伝や販路拡大を行います。

受入体制づくり

圏域において来訪者が近江の魅力に十分に触れ、安心して周遊・滞在できる受入体制をつくります。