2019.06.03

令和元年度組織体制決定

上田健一郎新会長(株式会社千成亭風土 代表取締役)のもと始動し、会員ニーズにお応えすべき迅速に活動するために委員会編成を行いました。総務、企画、広報各委員会の名称は継続し、活動内容を一新いたしました。

総務委員会

総務委員長:一圓外志夫氏 一圓テクノス株式会社 代表取締役

訪日観光客の増加のなか、今年度は特に来訪者が安心して周遊・滞在できる受入体制を強化します。観光庁の「地域観光資源の多言語整備支援事業」を活用することにより、外国人が求めている英語表記を行政と連携し、まずは彦根城及び博物館から行います。また、会員向けサービスも充実させていきます。

【受入体制づくり】

  • 受入体制の整備と強化(交通、施設等の受入体制の見直し/ライドシェアに関する調査研究)
  • 調査研究とデータの収集活用
  • 観光人材の育成
  • 研修事業の実施
  • 組織の充実
  • 調査研究とデータの収集活用

企画委員会

企画委員長:上川 悟史氏 ㈱一休庵 代表取締役

企画委員会は、各正副委員長が主軸となって、各々の強みを活かした事業を展開していきます。近江の食をメインとした上川委員長の部会、民間発の映画撮影ロケの彦根オープンセット(仮称)を活用し新規コンテンツを開発する山口副委員長(山甚建設株式会社 代表取締役)の部会、資源を磨きあげ、周遊ルートを開発・販売する安居副委員長(トラヤ商事㈱ 専務取締役)の部会と分けることにより、近江の魅力を維持・向上します。

【地域の魅力づくり】

  • エリアツアーの開発
  • MICEの誘致
  • 体験型メニューの開発と販売
  • 琵琶湖を活用したツーリズムの開発
  • 「近江美食都市」プロジェクトの推進
  • 地域特産品の開発

広報委員会

広報委員長:田井中 徹氏 ホテルサンルート彦根 代表取締役

今年度は当社団のホームページのリニューアルを主軸とします。観光団体系のWebマーケティング優良事例を検討し、現在のOTBホームページに取り入れます。また、圏域の情報の仕組みづくりを行うため「3市4町行政の観光課の実務担当者」も委員会メンバーに参加して頂きます。そして、デジタルテクノロジーを利用した広報活動をすることにより、「見るHPから使えるHPへ」の観点での新OTB-Webの拡張検討をします。

【誘客・集客の促進】

  • 広報活動の強化
  • ホームページの充実
  • デジタルテクノロジーを利用した広報活動の実施
  • 圏域の情報発信と近江ブランドの認知促進